Analogue Systems_logo


EMS SYNTHI Series ロゴ
MOOG でも ARP でもなく、独自のフィロソフィーを持ち、ワンアンドオンリーの機能/サウンドで世界中の芸術家を熱狂させた EMS 社のシンセサイザー。オリジナルユニットは非常にレアで高価なため、未だに多くのシンセジャンキーの垂涎の的となっているのがVCS3 やポータブルタイプの SYNTHI A といった製品です。
Analogue Systems の RS-5xxE シリーズは、EMS のエンジニア Steve Gay 氏が設計に関わった、正真正銘の EMS SYNTHI のリプロダクションモデルです。
オリジナルに忠実なサウンドはもちろん、EMS 社正式ライセンスによりパネル上に表記される SYNTHI の文字もファンにはたまらない魅力でしょう。オリジナルの生産が事実上終了した今、EMS SYNTHI の正統な後継モデルがこの RS-5XXE シリーズなのです。
EMS SYNTHI A 参考写真
EMS SYNTHI A (参考商品)
RS-500E EMS Filter 写真
RS-500E EMS Filter ロゴ
¥28,200(税別)
EMS VCS3/SYNTHI Aと完全に同じ回路設計を持つフィルターモジュールです。ハンドリングする信号レベルをRS Integrator用にリファインした以外の基本設計は完全にオリジナルを踏襲。更に1974年の仕様変更(18dB →24dB)前後の特性が選択できたり、CV入力のキャパシターをバイパスすることで高周波でのモジュレーションを可能にできたり(EMSの定番改造メニューです)、レスポンス(レゾナンス)のCVコントロールが可能になったりと、筋金入りのSYNTHIマニアをも納得させる仕様とサウンドです。

WIDTH : 12 HP
消費電流:35mA
RS-510E EMS Trapezoid 写真
RS-510E EMS Trapezoid ロゴ
¥36,400(税別)

EMS 製シンセサイザーの中でも難解なモジュールとして有名なトラペゾイドジェネレーター。一言で言えばエンベロープとVCAが一体化したモジュールなのですが、エンベロープのリピート機能や独特のON/OFF ステージで LFO 的な使用も可能な、非常に多くの可能性を秘めたモジュールです。もちろん有名な「アタック」ボタンも装備、SYNTHI 独特のトラペゾイドジェネレーターをモジュラーシステムに加えることが実現します。

WIDTH : 18 HP
消費電流:40mA


●カタログ・ダウンロード(PDF形式)
Analogue Systems総合
PDFDownload (1.2MB)