BAE Audio (Brent Averill) Logo

Classic 1023 1ch Preamp/EQ/DI+PS
OPEN PRICE
専用電源付属
 
Classic 1023
 
Classic 1023 フロントパネル
 
Overview

 BAE Audio (Brent Averill) はこれまでの数多くのヴィンテージ Neve 1073 の改造で得たノウハウを全て投入し、新しい 1073 を完成させることに成功した。この Classic 1073 はオリジナルと同じ Carnhill ( St.Ives )製トランスを採用、プリント基板のアートワーク、コンデンサーなどのパーツ、更にはシャーシに至るまで忠実に再現され世界中のスタジオで高い評価を得ている。Classic 1023 はそんな Classic 1073 をアップグレードしたデラックス・バージョンだ。

 Classic 1023 は ClassA の回路を採用している。+48V ファンタム電源を持つマイクプリアンプ部は特注の Carnhill ( St.Ives )製入力トランスでバランス入力に対応、スイス ELMA 社の精密 22 接点ロータリーアッテネーターで +20dB 〜 +80dB ゲイン調整が可能。ライン入力もトランス方式のバランス入力で -10dB 〜 +20dB のゲインを持つ。要となるイコライザー部は 1073 と同様の3バンドの EQ ( High :シェルビング / Mid :ピーキング /Low :シェルビング)とハイパス・フィルター(シェルビング)で構築されているが、 1023 では今日のあらゆる音楽に対応できるように大幅な改良が施されている。 Classic 1073 と比較して High の周波数が 1 ポイント ( 12KHz 固定)から 5 ポイント( 10k/12k/16k/ 20k/ 24kHz )に、 Mid の周波数は 6 ポイント( 360/720/1.6k/3.2k/ 4.8k/7.2k )から約 2 倍の 11 ポイント( 160/270/360/510/700/1.6k/3.2k/4.8k/7.2k/8.2k /10k )に拡張された。そのため 1073 の Class A 時代のオールド Neve サウンドはそのままに、より繊細で大胆なイコライジングが可能になった。フロントパネルには Hi-Z 端子を装備しており、 DI としての使用も可能なのは他の BAE Audio (Brent Averill) 製品共通の特徴である。コンソールのフェーダーに相当する高品質な Clarostat 製ボリュームも装備されているため、レコーダー等に直接接続した場合のレベル調整も容易だ。


Specifications

■チャンネル数: 1ch
■入力インピーダンス: 1.2k Ω( Mic )、 10K Ω( Line )、 100K Ω( DI )
■ゲイン: +20dB 〜 +80dB ( Mic ) /-10 〜 +20dB ( Line )各 5dB ステップ
■出力インピーダンス:約 75 Ω @1kHz
■最大出力レベル:  >+26dBu  ( 600 Ω負荷時)
■全高調波歪:<0.07% @ +20dBu  ( 600 Ω負荷時)
■ EQ-High バンド: +/-16dB シェルビング・ 10k/12k/16k/ 20k/24kHz
■ EQ-MId バンド: +/-18dB ピーキング (Q は固定)・160/ 270/360/510/700/1.6k/3.2k/4.8k/7.2k/8.2k /10k  
■ EQ-Low バンド: +/-16dB シェルビング・ 35/60/110/220Hz
■ハイパスフィルター: 18dB/Oct 、 50/80/160/300Hz
■ Mic/DI 切換スイッチ
■ EQ In/Out スイッチ
■ +48V ファンタム電源スイッチ
■位相反転スイッチ
■電源: 120V AC 50/60Hz (専用電源ユニット)
■外形寸法: 483 ( W ) x 262 ( D ) x 44 ( H ) mm
■重量:約 2.8kg (本体)