BAE Audio (British Audio Engineering)

BAE Audio 1066DL 500 Series Module

OPEN PRICE

1066DL

Overview

現在に至るまで数えきれないほどのプロ・オーディオ機がスタジオに現れ、その時代を駆け抜けた音楽と共に消えていきました。しかし本当に優れた製品だけはあらゆる音楽を創造し続け、最新のスタジオでもそのインジケーターが消えることはありません。1970年〜1976年頃まで生産された、ルパート・ニーヴ氏の設計による1073EQモジュールもそうした数少ない名機の一つです。

BAE Audioは、これまで数多くのヴィンテージNEVE1073の改造で得たノウハウを全て投入して、新しい1073を完成させることに成功しました。このClassic1073は、オリジナルと同じCarnhill(St.Ives)製トランスを使い、プリント基板のアートワーク、コンデンサーなどのパーツ、更にはシャーシに至るまで忠実に再現されており、ヴィンテージNEVEサウンドの決定版として世界中のスタジオで高い評価を得ています。

1066Dは、Classic1073をアップグレードしたデラックス・バージョンです。1073とまったく同じマイク/ライン・プリアンプを備え、ギタリスト向けに設計したMIDレンジEQを採用したモデルです。

※1066DLは、1066のAPI500シリーズ(VPRアライアンス規格)互換モデル

ページトップへ

Feature

ギタリスト向けに設計したMID-EQ

1066DはClassAの回路を採用しています。 +48Vファンタム電源を持つマイクプリアンプ部は、特注のCarnhill(St.Ives)製入力トランスのバランス入力に対応し、スイスELMA社の精密22接点ロータリー・スイッチにより+20dB~+70dBのゲイン調整が可能です。ライン入力もトランス方式のバランス入力で-10dB~+20dBのゲインを持っています。

イコライザー部は3バンドのEQとハイパスフィルターによって構成されています。High(10k,12k,16k,20k,24k Hz)は+/-16dBのシェルビング、Low(35,60,110,220 Hz)は+/-16dBのシェルビング、Mid(160,270,360,510,700,1.6k,3.2k,4.8k,7.2k,8.2k,10k Hz)は+/-16dBのピーキングを採用。ハイパスフィルターは 18dB/Oct(45/70/160/360 Hz)となっています。

細部にまでこだわり抜かれたそのサウンドは、正にあのオールドNEVEサウンドです。

「豊かなサブハーモニックを加えるボトムエンド、非常にタイトな特性のEQは220Hzをブーストしてもサウンドが濁ることはない。トランジェントとピークをわずかに抑えたファットな質感、スムーズで滑らかな高域のシルキーな質感もすばらしい」(ブレント・アヴェリル氏) の言葉がよみがえります。

DIとしての使用が可能なことは他のBAE Audio製品と共通の特徴で、コンソールのフェーダーに相当する信頼性の高い高品質なClarostat製ボリュームが使われているため、レコーダー等に直接接続した場合のレベル調整も容易です。

ページトップへ

Specifications

1ch Mic Preamp / EQ / DI


  • ・チャンネル数:1ch
  • ・ゲイン:+20dB〜+70dB(Mic)/-10〜+20dB(Line)
  • ・周波数特性:10Hz~-3dB at 55kHz
  • ・入力インピーダンス:1.2k 300Ω(Mic)、10kΩ(Line)、150kΩ(DI)
  • ・出力インピーダンス:約 65Ω
  • ・最大出力レベル:+27.4dBu(600Ω負荷時)
  • ・EQ-High バンド:+/-16dB シェルビング・10,12,16,20,24k Hz
  • ・EQ-MId バンド:+/-16dB ピーキング(Q値は固定)・35/60/110/220 Hz
  • ・EQ-Low バンド:+/-16dB シェルビング・700,1.2k,2.4k,3k,7k Hz
  • ・ハイパスフィルター:18dB/Oct、45,70,160,300 Hz
  • ・Mic/DI 切換スイッチ
  • ・EQLスイッチ
  • ・+48Vファンタム電源スイッチ
  • ・位相反転スイッチ
  • ・アウトプット・ボリューム
  • ・外形寸法:API500シリーズ 3スロット分
  • ・重量:約2.72kg(本体)

  • ※API500シリーズ(VPRアライアンス規格)互換製品
     500シリーズ用ラック電源に組み込んでご使用ください
ページトップへ