BAE Audio (British Audio Engineering)

BAE Audio 1073MP Dual Channel

OPEN PRICE

1073MP

Overview

現在に至るまで数えきれないほどのプロ・オーディオ機がスタジオに現れ、その時代を駆け抜けた音楽と共に消えていきました。しかし本当に優れた製品だけはあらゆる音楽を創造し続け、最新のスタジオでもそのインジケーターが消えることはありません。1970年〜1976年頃まで生産された、ルパート・ニーヴ氏の設計による1073EQモジュールもそうした数少ない名機の一つです。

BAE Audioは、これまで数多くのヴィンテージNEVE1073の改造で得たノウハウを全て投入して、新しい1073を完成させることに成功しました。このClassic1073は、オリジナルと同じCarnhill(St.Ives)製トランスを使い、プリント基板のアートワーク、コンデンサーなどのパーツ、更にはシャーシに至るまで忠実に再現されており、ヴィンテージNEVEサウンドの決定版として世界中のスタジオで高い評価を得ています。

1073MPは、Classic1073をアップグレードしたデラックス・バージョンです。1073のヘッドアンプに +48Vファンタム電源、DI、位相反転スイッチなどのアクセサリー機能を追加したモデルです。

ページトップへ

Feature

伝説のヴィンテージNEVE1272の後継機

そのマイルドで絹の様に滑らかな音質で世界中の一流ミュージシャンやレコーディング・エンジニアを魅了し、世界中のスタジオで定番となったClassic 1272 Mic Preamp/DIをアップグレードしたのがBAE Audio 1073MPです。

伝説のヴィンテージNEVE1073のヘッドアンプに +48V電源、DI、位相反転スイッチなどのアクセサリー機能を追加した2チャンネル・バージョンです。

多くのレコーディング・エンジニアからの要望に答えて追加された機能は、位相反転、入力インピーダンス切換(300Ω/1.2kΩ)、MIC/DI 切換、ライン入力のアンバランス/バランス切換の4つのスイッチ。さらに、これまで露出していた後面の配線部分を保護するため新シャーシを採用し、シールド効果を高めています。こうなると1272の改良版というよりは1073に近い仕様になるため、製品名は1073シリーズに変更されました。

Model283プリント基板の忠実な復刻によるClassA回路の採用やCarnhill(St.Ives)製トランスの搭載など、追加された機能以外は旧製品Classic1272Mic Preamp/DI からの変更はありません。大容量トロイダルトランスを内蔵した新設計の電源ユニットが付属しています。

細部にまでこだわり抜かれたそのサウンドは、正にあのオールドNEVEサウンドです。

「深みのあるサウンドと豊かな低音、滑らかな高音により、実際の音よりリッチで雄大なサウンドで録音できる。とりわけ細い声のボーカルやベースのDI録りには最高だ。トランジェントとピークを抑えたサウンドは非常に扱いやすい」(ブレント・アヴェリル氏のコメント)

ページトップへ

Specifications

Mic Preamp / DI


  • ・チャンネル数:2ch
  • ・ゲイン:0~71dB/+15dB~+70dB(Mic)/-30~+20dB(Line)各5dBステップ
  • ・入力インピーダンス:300Ω/1.2KΩ(Mic)、10KΩ(Line)、100KΩ(DI)
  • ・出力インピーダンス:約80Ω @1kHz
  • ・最大出力レベル:+27.4dBu(600Ω負荷時)
  • ・全高調波歪:<0.05% @ +25dBu、10kHz(600Ω負荷時)
  • ・+48Vファンタム電源スイッチ
  • ・マイク・インピーダンス切替スイッチ:1,200/300 Ω
  • ・位相反転スイッチ
  • ・Mic/DI 切換スイッチ
  • ・Line バランス/アンバランス切換スイッチ
  • ・アウトプット・ボリューム
  • ・電源:120V AC 50/60Hz (専用電源ユニット)
  • ・外形寸法:483(W)x228(D)x44(H)mm
  • ・重量:約4.54kg(本体)
ページトップへ