BAE Audio (Brent Averill) Logo

DMP 1ch Mic Preamp/DI
OPEN PRICE
 
DMP 1ch Mic Preamp/DI
DMP 1ch Mic Preamp/DI  フロント・パネル
DMP 1ch Mic Preamp/DI  リア・パネル
DMP 1ch Mic Preamp/DI  トップ
DMP 1ch Mic Preamp/DI  サイド・パネル
DMP 1ch Mic Preamp/DI  イメージ
 
Overview

 BAE Audio (Brent Averill) DMP は同社のベストセラー・マイクプリアンプ Classic 1272 Mic Preamp/DI の 1 チャンネルを専用電源と共にコンパクトで堅牢なケースに内蔵したデスクトップ・モデルだ。

 Classic 1272 と同様にヴィンテージ Neve Model 283 プリント基板の忠実なリプロダクションによる Class-A 回路の採用、特注 Carnhill ( St.Ives )製トランスの搭載など基本となるプリアンプの回路やパーツ、そして音質は Classic 1272 と同等だ。ハンディなケースによる高い機動力でスタジオでの様々な録音のアプリケーションに対応できる。特にマイクとミキサー間の距離があり長いマイクケーブルを使う場合にはケーブルのキャパシタンス(静電容量)とインピーダンスによる音質の劣化は無視できない。この場合 DMP をサテライトアンプとしてマイクの近くに配置、ここで増幅しバランス伝送でミキサーまで信号を送ることでローノイズで生き生きとしたサウンドでの録音が可能になる。ライブ録音でも取り回しの良さは大きなアドバンテージになるだろう。

 サウンド・キャラクターは、「深みのあるサウンドと豊かな低音、滑らかな高音により、実際の音よりリッチで雄大なサウンドで録音できる。 とりわけ細い声のボーカルやベースの DI 録りには最高だ。トランジェントとピークを抑えたサウンドは非常に扱いやすい」(ブレント・アヴェリル氏のコメント)。

仕様変更のお知らせ
2011年1月出荷分より以下の仕様が変更になります。
今回の仕様変更は機能追加となっています。
■ DI入力段に高品位なJensen製トランスを追加
■ DI THRU端子がもうひとつ追加され、合計2つのTHRU端子を装備
■ 位相反転スイッチを追加
■ 位相反転スイッチの追加に伴うパネルデザインおよび+48Vスイッチの変更


Specifications

■ チャンネル数: 1ch
■ 入力インピーダンス: 1.2k Ω ( Mic )、 100K Ω ( DI )
■ ゲイン: +15dB 〜 +70dB ( Mic ) / 5dB ステップ
■ DI入力段にJensen製トランスを装備(2011年1月出荷分以降)
■ +48V ファンタム電源スイッチ
■ 位相反転スイッチ(2011年1月出荷分以降)
■ 電源: 120V AC 50/60Hz
■ 外形寸法: 148(W) × 110(H) × 310(D)mm / (突起物含む)
■ 重量:約 3.3kg (本体)