DOEPFER(Germany)

a135_4ab_main a135_4a_angle a135_4b_angle

A-135-4AB VC Performance Mixer

¥54,200(税別)

NEW

Overview

A-135-4 シリーズは CV コントロールが可能なパフォーマンス・ミキサーを構築するためのモジュールです。4チャンネル分の入力とマニュアル・コントロールを搭載したメインモジュール A-135-4A、各コントロールの CV 入力とアッテネーターを搭載した拡張モジュール A-135-4B、A-135-4A に入力されたオーディオ信号からチャンネル毎にエンベロープを生成するエンベロープ・フォロワー A-135-4Cの3種類です。CV コントロールが搭載されていないシンプルなパフォーマンス・ミキサー A-138p と組み合わせて使用する事もできます。

※このモジュールを使用するためには A-138o Performance Mixer Out が必要です。A-135 シリーズのみではオーディオ信号の出力ができません。

A-135-4A VC Performance Mixer

A-135-4 シリーズのメインモジュールです。ゲインを除く全てのパラメーターを A-135-4B に入力した外部 CV でコントロールできます。A-135-4A と A-138p は非常によく似ていますが、A-135-4A は全ての CV コントロールパラメーターの大きさを表示する LED を搭載しています。これはマニュアル・コントロールとA-135-4B に入力した外部 CV の両方によってコントロールされるためで、マニュアル・コントロールの位置が必ずしも実際のパラメーターに対応しないためです。

A-135-4A の各チャンネルには高品質な VCA が4基ずつ搭載されています。1つはメインレベルに、2つはパンの左右に、もう1つは AUX で合計16基の VCA が搭載されています。Curtis USA によって生産されたハイエンドリニア VCA、CEM3381 が使用されています。全てのパラメーターのコントロール・スケールはリニアカーブです。16個の LED は VCA の増幅を大まかに表示します。

A-135-4B VC Performance Mixer CV Inputs

外部 CV 信号を入力し A-135-4A へ送るモジュールです。各チャンネルで4種類のパラメーターを CV 信号でコントロールできます。

  • Level : メインの音量コントロール
  • Pan : 左右の定位
  • Aux : Aux へのセンドレベル
  • Mute : ミュートコントロール

各 CV 信号には入力ジャックとポラライザーが用意されています。CV 信号が各パラメーターに与える変化の深さと極性を調整できます。例えば同じ CV 信号(LFO や ADSR)を2つのチャンネルの Pan に入力して一方をプラス、一方をマイナスに設定するとお互いが反対側に動作します。外部 CV 信号は A-135-4A メインモジュールのマニュアル・コントロールによって生成された電圧に加算されます。両方の電圧の和は対応する VCA を制御するために使用され、A-135-4A の LED で視覚的に確認できます。

Mute CV 入力は Level CV 入力と同じように動作しますが、極性が逆で感度が高く(およそ2倍)設定されています。通常のミュートコントロールとして使用する場合はポラライザーを右方向に回しきり、+2.5V 以上の電圧を入力すると完全にミュートされます。ミュート機能を使用しない場合は、レベルコントロールのための2番目の CV 入力として使用できます(通常の CV 入力と比較して2倍の感度と極性の反転があります)。

A-135-4A とA-135-4B は20ピンリボンケーブルを使用して内部接続されています。長いリボンケーブルを用意すれば、2つのモジュールを離れた位置にマウントする事もできます。2つのモジュールは内部接続する事で初めて全ての機能を使用できるため、セットでの販売のみとなります。

Specifications

WIDTH
16 HP / 10HP
DEPTH
45 mm / 45 mm
消費電流
+12V : 150 mA, -12V : 100 / +12V : 40 mA, -12V : 40

モジュラーリストへ戻る