JOMOX(Berlin,Germany)

JOMOX Moonwind

moonwind_main_m

OPEN PRICE

Overview

Moonwind は、ステップ・シーケンサー、高品位デジタル・エフェクト 、LFO、エンベロープ・フォロワーを統合した”アナログ・フィルター・トラッカー ”です。

JOMOXが開発したディスクリート・アナログ・フィルターを2基搭載し、フィルタータイプはローパス、ハイパス、バンドパス、ノッチの4タイプを用意しました。フィルタータイプはL/Rチャンネルで個別に設定可能でパラメーターはカットオフ、レゾナンスに加え「Q」を装備しています。デジタル・エフェクト、LFOやエンベロープ・フォロワーによるモジュレーション、多彩なルーティング&フィードバックの組み合わせにより、非常に美しいサウンドからアグレッシブで想定外なサウンドまで、これまでにない幅広い音作りを実現しました。

さらに2基のフィルターのカットオフ、Q 、レゾナンスの6つのパラメーターをコントロール可能な6トラック・シーケンサーを搭載。楽曲のテンポに合わせたフィルターシーケンスはもちろん、内蔵のノイズ・ジェネレーターやフィルター自己発振音を組み合わせることにより、外部オーディオ信号の入力なしでも万華鏡のような音色変化を生み出すサウンド・ジェネレーターとしてもご利用いただけます。

すべてのパラメーターはMIDIコントロールに対応しておりDAWからのオートメーションにも対応しています。MIDIノート・メッセージでフィルターの自己発振音(オシレーター)をコントロールするとシンセサイザーとして演奏することもできます。

ページトップへ

Feature

アナログ・マルチモード・フィルター&モジュレーション・ソース

moonwind_half_front_m

Moonwindには2基のアナログ・マルチモード・フィルターを搭載。この新設計のマルチモード・フィルターはJOMOXがクラシックなOTAテクノロジーを進化させたもので、アナログならではスムーズなサウンド、ローノイズ、10Hz~30KHzのワイドレンジを誇ります。そのソリッドで男気溢れる音質で高い評価を受けてきたJOMOXの歴代の製品のなかでも群を抜いたサウンド・キャラクターは一聴に値します。2基のフィルターはL/Rチャンネル独立してフィルタータイプ (ローパス、ハイパス、バンドパス、ノッチ) を選択可能。各フィルターのパラメーターをそれぞれ異なる設定にすることはもちろん、「ノブリンク機能」を使って両フィルターのパラメーターを1系統のノブで同時にコントロールすることも可能となっています。

モジュレーション・ソースには9種類の波形を持つLFOを2基、入力されたオーディオ信号の音量でフィルターを変化させるエンベロープフォロワー、カットオフ、Q 、レゾナンスをコントロールする6トラック・シーケンサーを搭載しています。

高品位なデジタル・エフェクト&フィードバック

アナログ・フィルターに加えてMoonwindは15アルゴリズムの高品位なデジタル・エフェクトを搭載しています。各エフェクトは3つのパラメーターをエディット可能。ディレイ、リバーブといった定番エフェクトからエイリアン・ボイスのような効果を生むウェーブ・ガイド、ビット・クラッシャーといったJOMOXならではのエフェクトが用意されています。さらにこのデジタル・エフェクトのアウトプットをフィルターインプットへフィードバックさせることができるため、ディレイの自己発振やアナログ・フィルターによるテープ・エコーのような効果の再現を可能にしています。

多彩なフィルターのルーティング&フィードバック

Moonwindは用途に合わせて各フィルターを様々なルーティングとフィードバックで使用することができます。

クロス・ルーティング

クロス・ルーティングでは各フィルターのアウトプットをどのようにルーティングさせるかを設定します。

icon_stereo
ステレオ

L/Rチャンネルが独立したステレオ・フィルターとして使用します。このモードではシンプルなマルチモードフィルターとして楽器やDJのエフェクターといった一般的な用途に最適です。

icon_parallel
パラレル

2基のフィルターを並列接続のモノラル・フィルターとして使用します。このモードはフォルマント・フィルターを再現したり、2つの異なるピークを持つ複雑なフィルターを構築するのに便利なモードです。

icon_serial
シリアル

2基のフィルターを直列に接続してモノラル・フィルターとして使用するモードです。このモードでは、たとえばフィルタータイプを同じ2ポールに設定することで4ポールのフィルターとして使用したり、ローパスフィルターとハイパスフィルターを組み合わせることでフレキシブルなバンドパスフィルターとして使用することができます。

icon_feedback
フィードバック

このモードではLフィルターのアウトをRフィルターのインプットへ、同時にRフィルターのアウトをLフィルターのインプットへ接続します。これによりクロスフィード・バックが構成され歪みを伴った悲鳴のようなフィードバック音を生成します。特に2つのフィルターを違うタイプ(ローパスとハイパスなど)に設定すると面白いサウンドになります。

icon_feedback_parallel
パラレルフィードバック

このモードは上記パラレルとフィードバックを掛け合わせたモードで、パラレルで処理された信号をさらに相互のフィルターのインプットへ戻します。これにより、その他のモードよりも強烈な歪みをもたらしサウンドが激変します。

インプット・ルーティング

上記のクロス・ルーティングに加えて、インプット・ルーティングではフィルターセクションとデジタル・エフェクト・セクションのルーティングを設定します。3タイプのルーティング設定が用意されており、この設定により外部から入力されたオーディオ信号を始めにフィルターに入力するか、エフェクトへ入力するか、といった設定を行います。

6トラックのステップ・シーケンサー

moonwind_half_rear_m

Moonwindは最大64ステップのシーケンサーを搭載しています。このシーケンサーでは2基のフィルターのカットオフ、Q、レゾナンスコントロールをすべて独立してコントロールすることが可能です。シーケンスのプログラミングはステップごとの綿密なステップエディットのほか、ノブ操作のリアルタイムレコーディングに対応しています。さらにクロックディバイダーを搭載しているため、ポリリズムのフィルターエフェクトシーケンスを構築することが可能です。

Hi-Z 入力に対応 エレキ・ギター&ベースも直接入力可能

Moonwind はHi-Z(ハイ・インピーダンス)入力に対応しているのでエレキ・ギターやベースなどインピーダンスが問題になる信号レベルの低い楽器を接続することも可能です。オートワウ、LFOを利用したトレモロの様な効果、マルチ・エフェクトによるコーラスやリバーヴはもちろん、各フィードバック・レベルを上げて様々なサウンドが得られます。

ページトップへ

Specifications

  • フィルタータイプ

    ローパス、ハイパス、バンドパス、ノッチ
  • フィルターコントロール

    カットオフ、Q、レゾナンス (ポテンショメーターによる操作)
  • モジュレーション・ソース

    LFO (9 波形:上昇ノコギリ波、下降ノコギリ波、三角波、サイン波、パルス波=50%、12.5%、25%、75%、87.5%、周波数:0.015~30Hz)エンベロープ・フォロワー、ステップ・シーケンサー
  • ルーティング

    ステレオ、パラレル(並列)、シリアル(直列)、 フィードバック、パラレル・フィードバック
  • デジタル・エフェクト

    15 アルゴリズムの高品位なデジタル・エフェクト・チップ
    1 エフェクトにつき 3パラメーターコントロール
    7 ファクトリープリセットおよび 8 JOMOX プリセット
    ※ JOMOX プリセットは将来的なアップデートによりアルゴリズムの書き換え可能予定
  • ノイズジェネレーター

    オン / オフ
  • シーケンサー

    6 トラック(カットオフ、Q、レゾナンスを独立してコントロール)
    リアルタイム・レコーディング / ステップ・エディット対応
    最大 64 ステップ(最大 16 ステップ × 4 小節)
    クロック・ディバイダー
  • メモリー

    512 シングル・ユーザープリセット、32 シーケンス・プリセット
  • インプット

    INPUT L (MONO) / R(ゲインコントロール付) AUX INPUT L / R :フォーン
  • アウトプット

    OUTPUT L / R : フォーン
  • MIDI

    MIDI In / Out / Thru
    パラメーターのフル MIDI コントロール対応
    MIDI による OS アップグレードに対応
    LFO、シーケンサーの外部 MIDI クロック同期走行に対応
  • 電源

            ACアダプター(AC10.5~12V、1.3A)
  • 外形寸法

    323 × 188 × 90mm(ノブ等突起含む)
  • 重量

    1.85kg
ページトップへ