Vermona Logo

RETROVERB ロゴ
OPEN PRICE
Retroverb
Retroverb フロントパネル
Retroverb トップパネル
Retroverb リアパネル
 
overview

往年のハモンドオルガンや Fender 社のアンプに搭載されていたものと同じ、 Accutronics 製の3本スプリングヴィンテージユニットを使用したスプリングリバーブです。

本機は更に2バンドのイコライザー(± 15dB )、 12dB/Oct の VCF (ローパスフィルター)と VCA 、リピート機能付きのため LFO 的な使用も可能な AD エンベロープを装備、より積極的な音造りも可能な設計となっています。 VCF をエンベロープでコントロールすると、オートワウ的な効果が得られますし、 VCA をエンベロープでコントロールするとスプリングリバーブ音のリバーブタイムを擬似的に短くすることができるのも便利です。スプリングリバーブユニットをバイパスするモードも装備するため、フィルターユニット的な使用法も可能です。内部のプロセッシングは基本的にモノラルですが、出力時に片チャンネルの位相を反転するリバースモードを備えており、不思議な空間的広がりを持ったサウンドを生み出すことも可能です。

Retroverb にはあの有名なスプリングリバーブの効果音を作り出す「 CRASH 」ボタンも搭載。もうギターアンプに蹴りを入れて壊す心配はありません。


Specifications

■リバーブユニット:Accutronics Type 9 
■モード:VCF+VCA+スプリング(ノーマル)、VCF+VCA+スプリング(リバース)、VCF+VCA(ノーマル)、VCF+VCA(リバース) 
■EQ:2バンド・シェルビング(Bass/Treble) 
■フィルター:レゾナンス付き12dB/Oct.ローパス 
■モジュレーション:アタック/ディケイタイプエンベロープ(リピート機能搭載)→VCF/VCA、外部CV/エクスプレッションペダル→カットオフ周波数 
■トリガー:ゲート入力(エンベロープ/クラッシュ)、フットスイッチ(エンベロープ/クラッシュ) 
■フットスイッチ:VCF ON、VCA ON、バイパス 
■クラッシュ機能:スプリングモジュールをトリガー 
■入力:アンバランス1/4" Phone×2 
■出力:アンバランス1/4" Phone×2 
■電源:AC12V 830mA 
■外形寸法:485(W)×80(H)×240(D)mm 1U 
■重量:4.5kg


●カタログ・ダウンロード(PDF形式)
VERMONA総合
PDF Logo ← Download (584KB)